医療訴訟の現状

メディアでもたまに医療訴訟についてのニュースをお知らせしていることがあります。
医療ミスなどによって患者さんが死亡したり、後遺障害となってしまった時、遺族側が医者、医療機関を相手取り訴訟を起こすなど、様々な医療訴訟があります。

医療行為との因果関係によって生じた医療事故について問われる訴訟が医療訴訟です。
完全に医療機関のミスで患者さんが死亡する事もあります。
例えば別の患者さんに行うはずだった点滴をしてしまったとか、血液型を間違えて輸血したとか、こうした完全なる医療ミスであれば医療機関側も訴訟に応じるでしょう。
ただ、医療機関として防ぎようがなかったことについても、患者側が訴訟を起こすこともあるので、この問題は非常に難しいと言わざるを得ません。

患者側、つまり被害者側としては医療行為について医師の過失をどう証明するのか、という事が大きな問題となり、時間も労力もかかるためそれが大きな課題となりますし、医師側つまり加害者となる側からすると、医療過誤であればそこを問われるのはとても難しい問題となり、こうした医療過誤状態を作り出さないことが大きな課題となるでしょう。

一般的に医療訴訟は民事訴訟で行われますが、最近はADRと呼ばれる裁判外紛争解決手続も注目されています。
またアメリカの大手医療機関などが行う医療メディエーションによる解決も今注目されています。
日本国内でも医療訴訟は増加傾向にあり、医療訴訟を集中的に扱う部門が地方裁判所などに設置されるようになってきています。

当サイトは医療訴訟に着目し、真実を求める手段とするためにどのようなことが必要なのか、様々な情報を多くの方々に知っていただくサイトです。
医療訴訟について少しでも知識を得られるサイトとして利用していただけたら幸いです。



《Recommend Site》
B型肝炎の給付金請求を集中的に扱っている法律事務所のサイトです ⇒⇒⇒ B型肝炎 給付金請求

Copyright © 2014 医療起訴は真実を求めるための手段 All Rights Reserved.